せんべろとは

せんべろとは?

そもそも「せんべろ」とは、「1,000円でべろべろになるほど飲める店」を略した造語のことで、大衆居酒屋や立ち飲み屋を指します。

せんべろの元祖は、酒販店でお酒とつまみを買い、そのお店の一角で立ち飲みをする「角(かく)打ち」と呼ばれるスタイルになります。「角打ち」は飲食店と異なり、あくまで「お酒を買ったお客さまが店内で飲むこと」になるので、お酒は冷やのまま、つまみは商品の缶詰や乾き物、練り物程度でした。そのため、お酒を燗(かん)したり、調理した料理を提供するといった接客サービスはありませんでした。こうした町の酒屋さんから派生・進化していったのが、現在主流の立ち飲み屋といわれています。

魅力

せんべろの魅力は、「安い、うまい、雰囲気がいい」の3拍子!
「安かろう、まずかろう」というようなものではなく、「安くて、うまい」ことが魅力の一つです。また、『せんべろ屋』の店内は、どこか懐かしく落ち着く雰囲気に綺麗な木目を感じるテーブル。

男性はもちろん、女性でも入りやすいお店であることも当店の魅力です♪

about01

魅力

『せんべろ屋』は、食べ飲み放題 40分間(※)で1,100円(税込) 60分で1,500円(税込) 無制限で3,980円(税込)
※40分プランは平日のみ16:30までの受付になります。

先に選択したプランの料金をお支払いいただき、ドリンクを注文してからスタートとなります。食べ物の一品メニューは、店内にある冷蔵庫よりお好きなものをお召し上がりください。

揚物や飯類、麺類はご注文いただいてから調理いたします。揚げたて・できたてをお召し上がりください。また日替わりのおすすめメニューもご用意しておりますので、ぜひお楽しみにご来店ください。

about2